暮らしの中で感じたもの、感じること、音楽のことなど色々と記録していきたいと思います。


by osamu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

‎義理の兄(山下邦明氏)と一緒に翻訳した「東洋の呼び声」(はる書房)という本があります。その本は、スリランカのガンジーと呼ばれるA.Tアリヤラトネ博士が世界各国で講演された内容を、日本で初めて翻訳したものです。
b0192250_2285330.jpg

出版された1990年には、NHKが博士の1時間半の特集番組を放映したり、同時にAERAやその他多くの雑誌で取り上げられられたりしました。この本は現在も、大学等の教科書で使われたりするなどされており、ロングセラーになっているようです。

ところで、

来月、その博士が日本に来られ、基調講演をされます。ひとつは、僕が大好きな増上寺での基調講演。二つ目は義理の兄がコーディネーターしているシンポジウムの九州大学での基調講演です。

1.「震災と宗教を考えるシンポジウム2011」
   10月10日(月)
   増上寺
   http://www.nichiren.or.jp/information/other/20110912-559/

2.「ソーシャルビジネス研究センター開設記念シンポジウム」
   10月14日(金)
   九州大学
   http://gcl.kyushu-u.ac.jp/2011_10_14SBRCSymposium.html

この本の翻訳、出版に至るまでに義理の兄を通じて色んな方々にお会いできました。先日の紀伊半島の大雨で被害を被った御浜町の古川町長(当時はる書房の社長)、この本の出版の助成を頂いたトヨタ財団の方々、その他数え切れない人たち。それから、なんと言っても、この本の主役のアリヤラトネ博士との21年前の面会は今でも忘れられません。

10月10日、久々に博士のお話を拝聴しに、増上寺に行こうと思います。
[PR]
by backtomysoul | 2011-09-28 02:29 | 社会

田舎の言葉で、

話すというのは、なんとも気分がリラックスする。

最近某所で、みんなでワイワイガヤガヤ話していた折、その中のひとりが山口市出身だと言うことが分かって、驚いてしまい、分かった瞬間、お互いの言葉が山口弁に変わってしまい、東京のその場所が山口になってしまった、ハハハハ。

周りの人たちも、突然の田舎訛りの言葉が行きかうものだから、驚いていたようであるが、もう止まらないから、仕方ない。

その後、メールもやりとりしているのだが、その文面も山口弁となってしまい、これがなんとも愉快なのである。

話し言葉を山口弁にする訳だから、最初はちょっと文字変換にとまどったものの、慣れてしまえば簡単なものである。

言葉というのは不思議だなと思う。

東京で仕事しているから、東京の言葉で喋っているが、やはり、頭のどこかで田舎の言葉を翻訳して喋っている訳だから、脳になんらかのストレスを与えているのだろう。

英語を喋る時は、これは完全に翻訳だから、かなりのストレスだったんだろうと思う。

アメリカに留学する前から英語はある程度できていると思っていたものの、留学当初は、大学の授業内容が聞き取れず、学生仲間との英語のコミュニケーションもなんだかぎこちなかった。

しかし、言葉とは不思議なもので、ある日突然、ぺらぺらと喋り始めたり、聞き取れたりしたので、自分でもとても驚いた記憶がある。

生活環境などに慣れてきて、リラックスした頃からそういう変化が起きたので、多分、翻訳するストレスから少しは解放されたのだろうと思う。

しかし、僕が喋る英語や東京の言葉は、所詮、「借り物」で、簡単に言えば、「翻訳」なのである。

東京にも同郷の友がおり、彼らと喋る時は、山口弁となり、頭の中がどんどんシンプルになって行き、同時に感性も変わり、使う単語や表現も平行して変わっていくのである。

難しいことが簡単に言えたり、感覚的なことが平易に表現できたりして、悩んでいることやものが、とても単純化するのである。

自分が子供の頃から使っている言葉は、やはり、自己解放するキーであることは、間違いないと益々確信する次第である。
[PR]
by backtomysoul | 2011-09-22 22:24 | 生活

平泉の旅から帰って、

あれこれ忙しく過ごしてきたような気がする。

10日には、章さん、ムッシュ関と3人で、音倉でセプテンバーコンサートをやって、それから、そのコンサートのステージで章さんの還暦サプライズをやったりで、楽しい時間だった。
b0192250_1646440.jpg

還暦サプライズでは、章さんの旧知のmusician、佐野聡さんがハーモニカ、加藤実さんがピアノで参加してくれ、一緒にブルースを演奏した。楽しかった!

僕らのステージの後は、佐野さんや実さんが参加しているTrio the Trip & Yukiko Hanedaのとても聴きごたえ、見ごたえのあるステージだった。
b0192250_1651054.jpg

コンサートが終わった後、食事したり、談笑したりしたけれど、とても空気感のいい出会いをさせてもらった。
b0192250_16524820.jpg

このコンサートには、たまたま山口から仕事で上京してきた岡田君も来てくれた。彼は、僕のオリジナル作品、「Kizuna」の作詞者でもある。1年近く会ってなかったが、音楽やっていると、こんなふうに出会え、嬉しい限りである。
b0192250_1655231.jpg


当日も、友人、知人が沢山セプテンバーコンサートに足を運んでくれて、本当にありがたい。

心より感謝します。

数日経てば、涼しくなるようだが、待ち遠しい。
[PR]
by backtomysoul | 2011-09-18 17:25 | 色々

みちのくひとり旅

2泊3日の「みちのくひとり旅」から昨日帰ってきた。

厳美渓、中尊寺、毛越寺、それから、旅の間に偶然出会った人たち、全部楽しい時間だった。取り分け、平泉の町は素晴らしい町だった。懐かしい風情が佇む、懐かしい町だ。

1日目は厳美渓に泊まり、温泉に何度も浸かり、それから、渓谷を流れる川の音を聴きながら、深い眠りについてしまった。
b0192250_349288.jpg

2日目は平泉に移動し、平泉駅前にある自転車レンタルショップで電動自転車を借りて、約5時間名所名跡をぐるぐると回った。

浄土の世界を表現した中尊寺、毛越寺は期待どおりの場所だった。
b0192250_4102996.jpg

藤原一族の成り立ちと滅亡の歴史を読みながら、はるかあの時代に藤原清衡とその子孫が浄土の世界を築いたという事実は、なんとも不思議だ。どういう心境だったのだろうか?

「平泉」という文字はとても品格があり、それから、音の響きも心地よい。

英語で訳すと、peaceful fountainということになるのだろうか…?

旅の間、色んな人たちと邂逅した。

一人旅をしている古希の男性、転職をする若者、修学旅行の小学生、僕と同じく初一人旅をしているという女性等々。

友人でも、知人でもないのに、ちょっとした会話の中に相手の人生を見てしまう。多分、僕もそう見られていたのだろう。深く語らずとも、旅の会話には人生の景色が見えてくる。

人に出会うために旅をしているのではないから、それもきっといいのだろう。

また、いつか平泉には行ってみたいと思う。
[PR]
by backtomysoul | 2011-09-08 04:20 |

明日から僕は、

独りで平泉に行ってくる。

この夏の8月も実行しようと考えたのだが、暑いし、人も多いだろうと思い、いつものように故郷の山口に帰省し、いい意味でダラダラと過ごした。

その後、お金もかかるし、どうしようかと少し迷ったが、やっぱり行きたい、やりたいと思ったことは後で後悔すると考え、今回は長年行きたかった平泉に行くこととした。

他にも、屋久島、金沢、知床、青森等々色々と頭に浮かんだけれど、中学生の頃から何だかずっと頭に残っていた「平泉」に決めた。

仲良くさせてもらっている某ツーリスト会社のYさんにあれこれ相談し、新幹線のチケット、旅館の手配をYさんにして頂き、先週すべて整った。本当は無計画にぶらっと出て、その場で決めるというのもいいのだろうが、Yさんには日頃からいつも親切にして頂いており、ついつい甘えてしまった。

アメリカ留学中も、社会人になってからも、色んなところに行ったけれど、ほとんどが出張だったり、何かしら目的のある旅だった。と言うよりも、移動だったのかもしれない。

この年齢になって、色んな煩わしいことが徐々に手から離れ、頭から離れ、そろそろ自分のためだけに旅をしたいなと、ずっと考えていた。

2泊3日の気軽な旅なので、荷物も大したことなくて、30分ぐらいで準備は終わり、後は明日ちゃんと起床し、新幹線に乗るだけである。

1泊目は厳美渓、2泊目は平泉に泊まる。

独りで行くから、気が楽である。こういう単独行動は気持ちがいいのだろうと思う。癖になるかもしれない。

大体が僕は人を巻き込んでやるのが余り好きではない。仕事は組織でやるから人を巻き込んでやらざるを得ないが、それ以外はやはり、他人様に迷惑を極力かけないためにも、可能な限り単独行動がいいのだろうと思う。

50歳を過ぎたら、今度は山を下り、落ち着くところに落ち着いて行く準備をするというスタイルが一番いいのだろうと思う。公的な己から、私的な己に戻って行くという強い意志とエネルギーが、この下山には必要なのである。

野生の動物もそうだけれど、ある程度の年齢に来ると、「群れ」から離れて、晩年を迎えて行くのと同じである。

僕はギラギラ輝く太陽よりも、黄昏の中で沈んで行く太陽が好きである。

真っ青の空よりも、雲間に青い空が見える空が好きである。

社会の不条理を嘆く人よりも、不条理を呑み込んで黙々と生きている人が好きである。

さてさて、

色々としみじみ感じることが沢山あるねぇ~☆

ハハハハハ!
[PR]
by backtomysoul | 2011-09-04 16:52 |
昨日、今日とフライヤーが送られてきました。

本日、音倉から送付を受けたフライヤーです。
b0192250_1718385.jpg


昨晩、いつもお世話になっている写真家の宝槻稔さんから送られてきたフライヤーです。
b0192250_1721052.jpg


取り急ぎアップします☆
[PR]
by backtomysoul | 2011-09-03 17:24 | ライブ