暮らしの中で感じたもの、感じること、音楽のことなど色々と記録していきたいと思います。


by osamu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2011年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

久々に、

23日~25日の3日間、珍しく、連続で飲んだ。

23日と25日は仕事関係で飲んで、24日は某所のライブで飲んだ。

23日はビールに赤白ワインをちょっと飲みすぎ、それから、やはり仕事だから、酔いながらも、色々と次のビジネスに繋がる話題にアンテナを張りながらあれこれ考えてるから、相当疲れてしまい、帰宅してからお風呂にも入らず、泥のように寝てしまい、起床したのが翌日の朝3時頃。4時半頃からwalkingをしたりして、時間を潰したが、さすがにその日はフラフラだった。

そのフラフラを引きずったまま、24日は某所のライブに行ったのだが、ライブ前にぶらっと独りで寿司屋に入り、そこでビールに焼酎など飲んで、その後ライブに行って、そこで焼酎を2杯飲んで、またフラフラ、ハハハ。

25日は、フラフラの連ちゃんだったが、仕事関係の人たち会い、仕事の話題であれこれしゃべり過ぎてしまい、またまた飲んでしまい、帰宅途中もフラフラ状態だった。

まぁそんな典型的なサラリーマンタイムを過ごしたが、会っている人たちは、決して場違いの人たちではないので、面白くて、勉強になった。

仕事も、既に一度精神的に卒業しているので、卒業前と異なり、無駄な力が抜け、同時に以前よりは真剣に熱く、色々と周りが冷静に見えて、個人的にはいい感じでやっているように思える。もっと言えば、自分が他人様に役立つ役割というのだろうか、そんなことが以前よりは明確に認識、実行できているように思えるのである。

しかしながら、音楽をやる時は、実はこのビジネスの世界にいる自分のマインドがとても邪魔になるのである。それは、やはり、音楽という世界は「非日常的な存在」だからである。

特に仕事というのは、従来とても保守的であり、常識的なものである。仕事を通した人間関係、働く組織、仕事の進め方等々、「常識的な精神状態」がいつも要求される。

だから僕は、ライブの2週間ぐらい前から、そういう「常識的な精神状態」の匂いを、自分の生活から消して行く作業をしている。

言い換えれば、仕事の世界から音楽の世界にいる自分への切り替えをしているのだ。つまり、2つの異なる世界を行ったり来たりしている。

ライブが終わるとリバウンドし、暫くは常識的な精神状態に戻り、再びライブが近づくとその精神状態の匂い消して行く。この繰り返しだ。

その切り替え作業のプロセスの中で、色々と沢山新しい発見があるから、面白い。そして、この切り替えが、以前よりは少しはスムーズに出来るようになった気がする。

妙な話なのだが、仕事中は音楽のことは殆ど考えないようになった。

だから、僕は仕事をしていない自分の時間はとても大事で、日頃は仕事が終わったら、すぐに帰宅し、自分の部屋に閉じこもり、自分の時間を自分のために使っている。自然にそうなってしまった。

不思議なものである。

この辺の話は、説明が難しいし、多分、他人には分かりづらい話だと思うが、現実を逃避するための音楽ではなくなったということなんだろう。

もうひとつは、自分の悩んでいることや、感じていること、考えていることを表現するために、自分の生活、暮らし方を意図的にストイックにしていることかもしれない。

と書きながらも、やっぱり説明は難しい…。

自己肯定と自己否定(自己嫌悪)を行ったり来たりしながら、そんな振幅の中で僕は、自分の音楽の世界を構築している。

人の顔や考え方が違うように、音楽スタイルや目指すものが違っていいし、みんな好きなことをやればいい。

但し、

警鐘として僕が強烈に感じることは、自分が好きだと思っている事や物に対する洞察や観察が深くなればなるほど、自分が好きだと思っている事や物が、一変して、どうしようもない「怪物」、「化け物」、に見えてきて、同時に、畏敬の念を持ち、自分の軽薄さを気付かされるのである。

気を抜いたり、気を入れたり、緊張したり、リラックスしたり、悩んだり、解決したり、喜んだり、哀しんだり、悪いことしたり、良いことしたり、弱気になったり、強気になったり、好きになったり、嫌いになったり、暮らしの中では色々ある。

毎日、今日の風に吹かれながらも、他人を巻き込まず、同時に他人への迷惑を極力最小化しながら、「独り楽しむ」という探求的な行動と心境が一番いいのではないかと、僕は思う。

そして、同じような行動と心境にある人たちと繋がった時に、そこに面白い化学反応が起こるのだとも、僕は思う。

人は生来孤独だけれど、その孤独感を噛み締め、人はお互い、遠からず近からずの距離感で共生することがベストなんだろうと思う。

音楽をやりながら僕は、そんなことを学んでいるような気がする。
[PR]
by backtomysoul | 2011-08-28 01:32 | 独り言
‎9月10日の詳細が決まりましたので、お知らせいたします。

お時間があればどうぞお越し下さい!

「入場無料」です!

 ☆日時:9月10日(土)
       
       お店は午後6時半からオープンです。

 ☆場所:Com.Cafe音倉

     http://www.otokura.jp/

 ☆出演者:①長井オサム(Gt/Vo)+田中章(Gt/Vo) +ムッシュ関(Bass)

        19時30分頃~

      ②羽根田ユキコ+Trio The Trip

        20時30分頃~

http://www.diaa.net/yukikohaneda/index.php


当日の詳細について不明な場合には、どうぞ音倉までお問合せ下さい!
[PR]
by backtomysoul | 2011-08-27 10:15 | ライブ
昨日、今日と大変涼しい。

午後、自宅から石神井公園まで1時間半程度のwalkingをしてきたが、草の匂い、空気の感覚など、秋の気配を感じてしまった。

僕はこの秋のメランコリックな空気感とムードが大好きだ。こんな時は、不思議に創造する気分が湧いてくる。

いつだったか、ある人から、「曲を作る時は、どんな感じなんですか」と訊かれたことがある。

躁で、活動的で、元気な時には、静かで、細かいことに気が回らないから、曲作りの空気感が湧かない。少し鬱で、気持ちが落ち着いて、リラックスして、哀愁感を感じる時が、僕の場合は創造したいという気持ちになる。

9月に入ったら、2回目の夏休みに入るので、一人旅をしてこようと計画中。

場所は、先日、世界遺産に認定された平泉の中尊寺、毛越寺を考えている。

1泊2日でもOKなのだが、のんびりしたいので、温泉なんかにじっくり浸かりながら、2泊ぐらいしてもいいかなと。2泊だったら、秋田やその他の場所に足を伸ばしたらとも言われているけれど、じっくり一ヶ所に留まって、時間を費やすのもいいかもしれない。

昼間は、徒歩か、もし可能であれば自転車を借りて、中尊寺や毛越寺を回るなどして、夜は温泉に何度も入り、だらだらと時間を過ごす。

9月に入ったら、2011年も残り4ヶ月。もう今年も終わってしまう。
b0192250_18343196.jpg

[PR]
by backtomysoul | 2011-08-20 18:28 | 生活
9月10日(土)の夜、Com.Cafe音倉で行われるSeptember Concertに出演します。

7曲ぐらい演奏する予定です。

今回のメンバーです。

長井オサム(Gt/Vocal)
田中章(Gt/Chorus)
ムッシュ関(Bass)

September Concertは、庄野真代さんが主宰している「国境なき楽団」が中心となり、New Yorkで起きた9.11の大惨事を忘れず、音楽で平和を繋げる目的で、2005年以来、全国的に行われているコンサートです。

10日は、私のユニット、羽根田ユキコさんの2組が出演します。

羽根田さんはTrip The Trioというユニットと一緒に出演されますが、そのユニットには僕が大好きなマルチ天才musicianの佐野聡さんがいます。

音楽で平和で祈るこのイベントにお時間がのある方々はお越し下さい。

入場無料です(笑)!

September Concertの詳細は次のとおりです。

http://www.sepcon.jp/
[PR]
by backtomysoul | 2011-08-20 13:47 | ライブ

山口に帰省して、

4日目ですが、なんかえらく長く滞在しているように思います。

6日に飛行機で着き、その夜は「ちょうちん祭り」に行きました。この時期に帰ることがなかったので、ちょうちん祭りに行くのも30年以上振りでした。昔は、ちょうちんの中を歩いているだけでしたが、今は、野外ライブ、踊り、御神輿等々の色んなイベントがあったので、とても驚きました。
b0192250_17295852.jpg

b0192250_17304020.jpg

b0192250_17312768.jpg

b0192250_17421341.jpg

7日は姉と一緒に墓参りに行きました。今回の目玉活動でしたので、墓掃除と墓参りを終え、なんだかとてもスッキリしました。山の中にお墓まで歩いて行くのですが、行く度に、子供のころ、両親と一緒に歩いて行ったことを想い出します。ここはいつ行っても、景色が変わらない唯一の場所だと思いますね。
b0192250_1732676.jpg

昨日は、「僕らの時間」の歌詞に出てくる40年来の友人、マー坊と一緒に早朝ゴルフに行ってきました。別にあれこれ特別に話すこともないのですが、40年来の縁ですから、お互い「生きている」という確認みたいなものですね。
b0192250_1732343.jpg

b0192250_1733635.jpg

山口の朝はとても気持ちがいいですね。僕は午後10時過ぎには床に就き、午前4時過ぎには目を醒まし、散歩をしに外出したりして、余りあれこれ考えることもなく、適当に過ごしています。
b0192250_17362010.jpg

瑠璃光寺に行ったら、司馬遼太郎の碑がありました。
b0192250_17372486.jpg

やっぱり、なかなかいいこと書きますね。
b0192250_17413250.jpg

[PR]
by backtomysoul | 2011-08-09 17:39 | 生活

さて、今日から

しばらく、東京を離れて、独りでボケ~としてきます。

別にこれと言って何かをする訳ではないのですけれど、ポンコツの充電でしょうか、ハハハ…。
b0192250_638031.jpg

[PR]
by backtomysoul | 2011-08-06 06:38 | 生活