暮らしの中で感じたもの、感じること、音楽のことなど色々と記録していきたいと思います。


by osamu
カレンダー

<   2010年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

☆新宿末廣亭☆

30日の夕方、先週道楽亭のオーナーの橋本さんから末廣亭の招待券を
頂いたので、独り歓び勇んで新宿末広亭に行ってきた。
b0192250_0212895.jpg

夜の部は午後5時からスタートで、午後9時に終演。

落語、漫才、曲芸まで幅広い16もの演目を堪能した。4時間という時間を
感じることもなく、楽しませてもらった。いやぁ~、本当に楽しい。

噺家さんを始め他の出演者の名前もほとんど知らないけれど、帰宅して、
末広亭に出演した名前をインターネットで検索したら、やっぱ凄い人たちな
んだと再認識。

舞台から二列目の席で、じっくり、噺家の芸の細かさを観察させてもら
った。
b0192250_022174.jpg

三遊亭歌笑、金原亭伯楽の噺の上手さと表情表現に感動し、それから、
何と言っても、トリで出演した柳家小満ん(やなぎやこまん)の知的で、
品格のある古典落語には圧倒された。

特に柳家小満んの噺には、出てくる人物の心理描写、庶民の温かくて、
お馬鹿な(笑)描写が面白すぎる。普通のことが可笑しい。僕らの生活の
中にある普通の出来事が、実はとても滑稽であることを気付かされるの
である。



落語には、人間の温かい思いやりと、日本人が持っている理屈を越えた
人間関係のDNAがある。フーテンの寅さんは、落語の世界であることが
とてもよく分かった。だから、僕らは寅さん映画の根底にある人情に感動
するのだろうと思う。

僕は落語については殆ど知識がないので、ここ数日段々と落語の業界を
インターネットで調べているが、落語の団体が4団体あるなど、少しながら
状況が分かり始めてきた。関東と上方落語の違いも面白い。

「落語」、確かにはまる(笑)。
[PR]
by backtomysoul | 2010-08-31 00:24 | 落語

☆Rimi Natsukawa☆

夏川りみは、僕が好きな女性singerのひとりだ。

声が澄み切って、伸びがあって、真っ直ぐで、哀愁があって、心にひたひた
と沁みこむ。

2007年に放送されたMusic Loversの映像を見つけた。

「フルサト」、そして、「涙そうそう」と歌う夏川りみの世界に引き込まれてしまう。




この映像では、茂さんがベースで参加してて、茂さんの独特のベーススタイル
もはっきり分かるから面白い。「涙そうそう」では、150歳のチェコ生まれのコント
ラバスで弾いている。確か僕が初めて茂さんがコントラバスを弾くのを見たのは、
この映像だと思う。
[PR]
by backtomysoul | 2010-08-30 15:13 | 音楽

☆Rakugo☆

田中章さんから連絡があり、落語を一緒に観に行きましょうということに
なり、昨晩ふたりで、7月にライブをさせて頂いた「道楽亭」に行ってきた。

三遊亭遊雀さん、春風亭鯉枝さんの落語ライブである。

生落語は初体験だったけれど、ひと言、「はまった!」(笑)。落語とはこん
なに面白く、深かったのかと、改めて、再認識した。

遊雀師匠の古典落語、鯉枝師匠の新作落語、それぞれ、素晴しかった
し、なんともお二人にガツーンとやられたという感じである。

b0192250_9461362.jpg

三遊亭遊雀師匠 at 「道楽亭」

テレビやラジオの落語と、ライブの落語は全然違う。噺家さんの表情や
テンポから生み出される臨場感が、なんとも絶妙である。

打上げ会にも参加させて頂き、色々とおふたりからお話を伺い、さらに
落語の深さというのを確認した。それから、「道楽亭」のオーナーの橋本
さんの落語に関するお話も、打上げ会席上お聞きし、益々僕は、落語に
関心を持った。

b0192250_7415547.jpg


落語の噺には、「愛がある」。

絶妙な「間」と、その巧みな話術、表情で表現する落語という芸には、「愛」
がある。「愛」がなければ、庶民の生活を表現できないし、僕らもそれを感じ
させてもらえないと、笑えない。

昨晩は、腹の底から笑ってしまった。凄い芸である、落語は!!!

遊雀師匠との打上げ会のお話を耳を傾けながら、昨晩はとてもいい勉強を
させて頂いた。この師匠は、凄い!深い!

ひと晩で、僕は師匠のファンになってしまった。

遊雀師匠のスケジュールです。

http://happy.ap.teacup.com/sho-camp/


[PR]
by backtomysoul | 2010-08-27 07:52 | 落語

☆Yutaka Ozaki☆

昨晩、尾崎豊のYouTube映像を久々に観た。

僕は実は、余り彼の作品を聴いたことがなく、昔カラオケで他人
が歌う、「I Love You」を聴きながら、いい歌だなとは思っていた。

それから、

彼が不慮の事故で18年前、27歳で亡くなった時も、それほど強
い感傷を持つこともなかった。

共演してもらっている渡辺茂さんが、尾崎豊の97年の最期の
ツアーのメンバーとして参加していたことは茂さん自身から聞
いていたこともあったが、茂さんとお酒を飲んでも、余りそうい
う話にも触れることもなかった。

しかし、

昨晩、尾崎豊の映像を見ながら、僕は鳥肌が立って、涙が止ま
らなくなった。

どれだけ映像を見ただろう。気がついたら、窓の外が明るくなっ
ていた。

こんなにストレートでありながら、その歌詞の中味に深さがあ
り、心にビンビン響いてくる。

何故だろう?

58歳になる僕が、当時20代半ばだった尾崎豊の作品にどん
どん引きずりこまれる。

沢山素晴しい作品がある中で、とても僕が気にいった作品が、

  「遠い空」

明るい歌だけれど、やるせなくて、涙が出てしまう。



尾崎豊、生きてたら45歳。

今なら、どんな作品を世に出していたのだろう。

今度茂さんに会ったら、尾崎豊のことを色々聞いてみたいと思う。

この作品も深い。


[PR]
by backtomysoul | 2010-08-25 17:11 | 尾崎豊

僕は高校生の頃、五木寛之の作品はほとんど読んだ。「青春の門」は
勿論だが、彼の書いた短編作品などむさぼり読んだ。

当時講談社から、彼の黒色の装丁の全集が出ており、母親にねだって、
全巻買ってもらい、すべて読んだ。

五木寛之は1932年生まれだから、高校時代に読んだ彼の作品は、40
歳頃の五木寛之の作品である。

それから30年余り、彼の作品を読むことなく過ごしてきたが、なんとなく
本屋で「大河の一滴」なる本を目にしたので、読んではみたものの、それ
ほど感銘を受けなかった。

受けないどころか、40歳代の僕は彼の作品に対して、とても受身に感じ
たし、弱々しく感じ、また、暫く、彼の作品を読むのをやめた。

それから数年して、「気の発見」、「霊の発見」、「神の発見」などタイトル
からして、オカルトチックで面白そうだったので読み始め、そして、彼が段
々と浄土真宗に傾倒していき、法然、親鸞、蓮如などの記述を頻繁に行う
ようになってから、今度は深く読み始めた。

そして今は、いつのまにか、部屋には五木寛之の晩年の本でいっぱいに
なってしまった。

彼のエッセイには何度も何度も同じような話が出てくるが、何度も同じよう
な話を読んだりしていると、段々と彼の考えていることが理解でき、僕はい
つもそれを新鮮に受け止めながら読んでいる。

かつて僕は、彼のエッセイを読みながら、前述したように受身というか、マイ
ナス思考で出発している考え方に違和感を覚えたものだが、ようやく今頃に
なって彼が発想することが段々と分かってきた。

五木寛之の心の底辺には、戦争体験、それも、ピョンヤンで過ごした体験や、
家族との哀しい絆など、そんなものがずっと暗く潜んでいる。

僕にはそんな実体験はないが、それでも彼が、これほどまでも強く宗教観を
持ち、国内国外を問わず宗教的な場所を巡礼したのか、理解できるような気
がする。

それから、年老いていく五木寛之に僕が強く関心を持った大きな理由は、彼
が想像力逞しい現実主義者だからである。

老いて行く人間、非情な人間社会、それから、乾ききった世情など、これらに
彼が目を背けずに、僕らに生きるヒントを与えてくれていることである。

「生老病死」は釈迦が言うところの、生きることは苦であるという言葉であるが、
彼の作品を読みながら、この釈迦の言葉に対する彼のユニークな発想により
、自分の人生の在り方を考えさせてもらっている。

僕が結構好きな彼のphraseは、「車に喩えるなら、政治はハンドル、ビジネ
スはアクセル、宗教的思惟はブレーキである」というものである。

これは彼が、この現代に対する警鐘というか、アンチテーゼ的に述べた言葉
であるが、この意味はとても深い。

宗教は世の中の役に立たないから価値がある、と言い切る彼の言葉はとても
面白い。

それから、彼が言うところの、「宗教で病気が治ったとか、運が向いてきたとか、
金持ちになったとか言うようなそんな宗教は信用しない。今背中に背負っている
荷物が軽くなるということはない。宗教心を持つことで、その荷物を背負ったまま、
もう少し頑張ろうという気持ちになるのが宗教の真髄である」みたいなことをどこ
かで書いていたけれど、僕も本当にそう思う。

目に見えるものだけで生きている僕等に、目に見えないものの存在に対する
畏敬の念というか、彼曰く、something greatに対する感性みたいなもの
を今僕らは必要としていることを、彼は説くのである。

話は逸脱するけれど、この話を、2ヶ月前に園山光博さんに話したら、彼がま
た素晴しい言葉を発した。

「音楽はヘッドライトかもね」

僕が感じていることのほんの一部を少し書いてみたけれど、なんとなく支離滅
裂だ(笑)。

まぁ、とにかく、

五木寛之も今年で79歳。凄いエネルギーである。
[PR]
by backtomysoul | 2010-08-23 18:37 | 文学

☆Ballad☆

三日程前、ロックのオリジナル作品を作っていたら、なんだか
ちょっと疲れてしまい、何気にボロ~ンとギターを弾きながら、
ホニャラ歌詞で歌っていたら、ついついバラードが8割方でき
てしまった。久々のバラード曲だ。ロックのオリジナル作品は、
そういうことで、暫く寝かしてある。

「星降る夜に」、という仮タイトルにした。

素直な気持ちで、照れをなくして、坦々と歌詞を作りながら、昨
日の夜中に一応、簡単に録音し、iPodに入れて、歌い込みな
がら、歌詞はもちろん、メロディも修正していくことになる。

結構真面目に曲作りをしていると、段々、コツみたいなものが
わかってきて、以前よりも自分の作品を、客観的に見れるよう
になる。

特にバラードは、メロに歌詞がきれいに乗るというか、歌詞が
メロにきれいに乗るというか、とにかく、このふたつがシンクロ
しないと情景が浮かんでこないのである。

ギターも、コードが自然に流れるように、弾き方にも結構工夫
が必要だ。僕は特に、不協和音のコードを使うのだが、使い
過ぎる弊害もあるので、これも考慮しなくてはいけない。

歌い込みも、レガートで歌うことがひとつの肝(これは大きな
僕の課題である)なので、発音やブレスなんかを意識して、や
る必要がある。

まだまだ、人様の前で演奏できるような状態ではないけれど、
歌い込みながら、弾きこみながら、感情も適度に入って来て、
段々とこの作品が進化していくのだろうと思う。

いつもそうだけれど、どんどん生き物みたいに変化していくと
ころが、面白い。

先日作った作品、「僕らはこうして生きてきた」も数日振りに
聴き返したが、やっぱり未熟な感じがする。人前で弾く弾かな
いは別にして、暫く寝かして、また、いじるかもしれない。

こうして自分で作品を作りながら、時折何のためにこんなこと
をしているんだろうと、虚しく感じることがある。

仕事でもないし、趣味でもないし、義務でもないし(笑)。
[PR]
by backtomysoul | 2010-08-22 17:35 | 音楽

☆Miscellaneous☆

今日は、タイトルのとおり、その他色々雑記します。

7月のライブ以降、ライブ活動をしてないのですが、今のところ決まった
のは、僕の58歳の誕生日ライブを、11月26日(金)に音倉で、不良中年
ナイトブラザーズでやることに決まりました!

いつもの3人ですが、今回は誰かゲストmusicianをを入れようかなどと考
えていますが、茂さんと章さんに相談ですね。3人の息がいいので、茂さん
曰く、入れるのだったら若いmusicianを入れようとの話もあります。理由
は、年長者3人の言うことを、素直に聞いてくれそうだからです(笑)。

それから、

10月のどこかで、章さんのご友人が経営されている新宿2丁目の「道楽亭
Ryu's Bar」で、2回目の章さんとのツインユニットでやりましょうということに
なっており、現在章さんに調整して頂いてます。

章さんともお話したのですが、ふたりでやる場合は、カバー曲をやろうという
ことになりました。最近僕は余りカバー曲はやってないのですが、今月、来月
と色々と考えてみようと思います。

9月に2回ほど、音倉のお手伝いをボランティアでやることになりました。以前
から庄野真代さんから、「時間があるんなら、お手伝いしてみてくれませんか」
と言われていたので、僕の可能な範囲でということで、temporaryでお店の
スタッフになります(笑)。6月から全然働いてないので、体もなまってるし、ちょ
っとやってみます。

以前にも書いたのですが、オリジナル曲を作ってます。暑くて暑くてたまらない
のですが、エアコンも点けずに、独り部屋の中で黙々と作っています。

フォーク的なもの、ロック的なもの、バラードチックなもの、同時進行で作って
ますが、今のところ余り混乱もなくたんたんと創作中です。

今日作ったものが明日にはつまらなく感じることもありますが、どこで諦めるか
という妥協点を模索中です。

創作しながら、自分の感じていることや心境を作品にするのは、結構自己分析
的なアプローチができて、面白いと感じてます。

一昨日、嶋田忠さんと飲んだ折、嶋田さんが、「自分に素直になって創作すると
いうことが、最終的にベスト。それが、色んな人たちとの共有感を生む」と言われ
てましたが、僕もまったくそう思います。

しかし、一番シンプルである筈の、「自分に素直になる」ということが、一番難しい
ということをつくづく感じます。特に楽曲は、歌詞がやはり大きな位置を占めるの
で、本当に自分の無邪気さと言葉の闘いだと思います。

ところで、一昨日嶋田忠さんから、「いつでも、また、北海道に遊びに来てください」
と言われ、あの千歳川の嶋田さんのログハウスに行って、無邪気に遊んでみたい
なと思ってます。また、あの自然の中で、時間を過ごしたいです。
[PR]
by backtomysoul | 2010-08-19 23:34 | 音楽
17日の夜は、写真家の嶋田忠さんがお盆で帰省されたとのこと
から、有志が集まり、恵比寿で開かれた「暑気払いの集い」に参
加した。

少し早目に恵比寿に着いたので、暫く恵比寿を散策したら、恵比
寿神社を見つけお参り。
b0192250_093093.jpg

それから、面白いお店を見つけた(笑)。昭和レトロのバーである。
お店の名前は写真のとおり。なんだか、ちょっと入りたくなったけ
れど、次回ということで。
b0192250_010735.jpg

飲み会の場所に行くと、嶋田忠さんがひとりでビールを飲んでらっ
しゃって、まずは、乾杯をして、7月のライブに来て頂いたお礼、そ
れから、お互いの近況を話していると三々五々、みんな集まり、総
勢10名。
b0192250_0105452.jpg

僕は見てなかったのだけれど、BSジャパンで「写真家たちの日本
紀行」という番組で、嶋田さんの特集番組が放送されたとのこと。
8月21日にも放送されるようなので、次回は見逃さないでおこうと
思う。

下のURLをクリックすると番組の詳細が分かるのでぜひご覧下さ
い。川の中で写真を撮られているのが、嶋田忠さんである。

http://www.bs-j.co.jp/shashinka/

嶋田さんからは、「長井さん、若くなったような気がするなぁ~」と言
われ、先月もんたさんに言われたことと同じコメントをもらって驚いた。

「ストレスがなくなったからでしょう」と答えると、「前からストレスがない
ような気がしたんだけれどなぁ~(笑)」。

大笑い。

集まりには、photographer、videographer、illustrator、広告
代理店や映像照明の会社の方たち、それから、この会の中心、Canon
の広告宣伝部長の岡野氏と砂袋Jun氏という面々で、和気藹々で、楽しい。
b0192250_011446.jpg

昨年クロコで僕のライブ映像を撮ってくれた香田ノブヒロさんも来て、
ライブ映像がとても良かったという話をしたら、今年のBirthday Live
も撮りますよ、とのことで嬉しかった。また、お願いしようと思う(笑)。
b0192250_0122651.jpg

とにかく、男だらけのこの集まりは、元気がもらえる集まりである。
[PR]
by backtomysoul | 2010-08-18 00:13 | 集まり

☆Baking Hot Days☆

Japan TimesやAsahi Evening Newsなんかを読んでたら、
猛暑日というのは英語でどういうのかすぐ分かるのだろうが、
たまたま、インターネットで調べてたら、焼きつくように暑いとい
う意味で、「a baking hot day」というのを見つけ、これは結
構ピッタリだなと思った。

昨日、今日と本当に、baking hot daysである。特に僕が住
む練馬は、東京では一番暑いらしい(笑)。

おかでげ、久々に土曜日から僕は体調を崩し、頭痛と喉の痛み
になやまされて、昨日、一昨日と体がだるく、布団の中でぼんや
り過ごした。

喉は痛くなったり、痒くなったりの連続で、発声してみたら、もう
声はガラガラとなって、どうしようもなくフラストレーションを感じ
たが、まあこれも仕方ないことだと思い、好きな煙草もおかげで、
珍しくほとんど吸わなかった。

今日の午前、こんなにダラダラしていたら、もっと体調が悪くなる
のではと思い、朝は久々に自転車に乗って、近所を走ったみたが、
baking hot dayには勝てず、30分ぐらいで帰宅した。

午後からは少し用事もあったので、外気に触れるべく、外出したが、
どういう訳か、喉の痒みと痛さは残っているものの、声の調子も段々
と戻ってきた。

どうして調子が悪くなったのか考えてみると、先週は下北沢で茂さ
んと飲んだが、余りに楽しかったので、調子に乗って、飲んで、話し
て、食べてまでは良かったが、帰りの小田急電車がとても冷えてい
て、体に寒気を感じ、それから、そのまま帰宅して、エアコンをほと
んど使わない僕は、窓を開けっ放し、それから、扇風機もつけっ放
しで寝たことが最初の原因だったように思う。

翌日はゆっくり休んだつもりではあったが、それでもなんとなく体が
だるかったけれど、それでもOKだと思い、その翌日は再び下北に
の音倉に行き、打ち合わせを行い、それから、新宿にで出て、歩い
てブックオフに行ったりして、汗をかいたり、体を冷やしたりで、とう
とうその激しい変化に体がついていけなくて、先週の土曜日の夜に
調子を崩したように思う。

こうして分析してみると、体に一番いけないのは、急激な温度差だ
と思う。体を急激に冷やすということは、体には重々良くないという
ことだろうと思う。

まだまだ喉が痛痒いので、注意続行というところである。
[PR]
by backtomysoul | 2010-08-16 17:10 | 生活

☆Book-off and Money☆

僕が最近使っている本屋さんは、ブックオフである。

今日たまたま用事があって、都内に出たので、まずは新宿の紀伊国屋
書店に行った。

買いたいなと思っていた今年発売された五木寛之の「親鸞」(上下巻)を
見つけ、喉から手が出るほど欲しかったけれど、一冊1,500円。上下巻
を買うと、合計3,000円・・・。

買うのを我慢して、歩くこと20分。厚生年金会館の隣にあるブックオフに
着いて、五木寛之の棚を調べていたら、新品同様の「親鸞」上下巻がな
んと一冊500円!もう、嬉しくて、嬉しくて、即購入!

実は今年になって、ブックオフには大変お世話になっていて、一冊105
円の本を何冊か購入した。

家庭で毎日スーパーで安いものを買おうとしている主婦の気持ちが、最
近はとてもよく分かる。

僕は元々浪費家で、後先考えずにお金を使ってきたものである。今は、
段々そういう自分を反省して、お金を使わないようにしている。別にケチ
にしている訳ではないけれど、納得したものにお金を使うということをす
るように「努力」(笑)している。

サラリーマンを長くやっていると、会社での付き合い、お客さんとの付き
合いなどがあり、自分の金も含めて、交際費を使ったりしたものである。
こんな生活していた時は、正直僕も、お金と自分との距離感がよくわか
らなかった。稼いできたら、それでいいのではないかという、粗雑な考え
をしていたように思う。

先日友人のひとりに、僕は1日1,000円の生活を目指して暮らしている
みたいな話をしたら、「へぇ~という感じがします」と言われた(笑)。

煙草をやめれば、もっと出費は少なく済む(笑)。

先日テレビを観てたら、「ゲゲゲの女房」で有名になった水木しげる氏が
インタビューの中で、「極貧時代が終わり、漫画が売れて、裕福になった
が、今感じるのは、『幸福には限度がある』ことです」と言っていた。

お金がなければ、お金がないように生き方を変える。

つまり、お金に振り回されて、不幸な事件を起こしたり、不幸な目に遭わ
ないようにするために、「生き方を変える」に尽きる。

お金というのは、不思議なものだと感じる今日この頃である。
[PR]
by backtomysoul | 2010-08-15 00:34 | 生活