暮らしの中で感じたもの、感じること、音楽のことなど色々と記録していきたいと思います。


by osamu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:生活( 34 )

I met a dog !

夕方いつものようにwalkingをしたら、12歳のメスのゴールデンに遭遇。

飼い主のオジサンと、しばらく犬談議。とにかく、長生きして元気でいて欲しい。

写真を撮ると、ちゃんとカメラ目線で、耳を立ててくれた(笑)。

b0192250_1813447.jpg


b0192250_1814764.jpg

[PR]
by backtomysoul | 2011-01-13 18:14 | 生活

新年会

昨年12月からこの1月にかけて、どういう訳か、変なことが立て続けに起きていた(笑)。

あまり関わらないほうがいいなと思うこともいくつかあり、ちょっとだるい気分でもあった。

さてさて、そんな気分の中で昨晩は、かつて仕事をした人たちとの新年会に参加し、楽しい時間と料理に堪能し、どんよりした気分も吹っ飛んだ(笑)。

新年会は午後6時スタートだったが、午後4時に一緒に参加するO氏と田町で待ち合わせ、泉岳寺に向かった。泉岳寺に行く途中、同じく会に参加するS氏から電話が入り、S氏も泉岳寺に合流。3人で、境内の近くの茶店で、あたたかい「甘酒」を嗜んだ。

夕刻に行ったので、参拝者も少なく、とてもゆったり四十七士のお墓を訪ねた。僕は何度か泉岳寺には行っているが、O氏もS氏も何十年と隣の駅の田町で勤務していたにも拘わらず、泉岳寺は初めてだということは意外だった。

新年会は午後6時にスタートしたが、仕事の都合でY氏が1時間遅れで、参加。

9時半頃まで、出るわ出るわ色んな話題。話は尽きない(笑)。

やっぱり、いい意味でお互いを労わり合いながら、相手の話をよく聞いて、咀嚼しながら進む会話には温かさがあるから、本当に気分が晴れる。

いつもこのメンバーでは、話の流れがいいから、楽しい。来月も集まる予定となった。

b0192250_17492279.jpg

                                     (大石主税のお墓の前で)
[PR]
by backtomysoul | 2011-01-12 18:12 | 生活

謹賀新年!

正月時期を少し過ぎましたが、

「新年明けましておめでとうございます」。

2010年は、生活スタイルのパラダイムシフトにチャレンジし、サラリーマン生活で付着した「心の脂」を削ぎ落とす1年だったように思います。

ちょっとしたことを我慢することにより、今までコントロールできなかった事柄(例えば、買い物、遊興等々)をコントロールするという、所謂、「欲望への自制心」というものが、少しは鍛えられた年だったように思います。特に金銭的には、「必要経費」なのか、「不必要経費」なのかという仕分け(笑)をすることが、自分にとっては、とてもいい修練になります。

「不必要経費」を防止するために、モノを大事にするとか、自分の満足感を満たすために他のモノで解消しないとか(換言すれば、他者や他のモノに依存せずに、自分独りで楽しむ)、節約できることは節約する等という「癖をつけることが重要」だと痛感しました。

昨年の節目をこうして振り返ると、自分が如何に他のモノ・ヒトなどに依存して、流されてきたかを、しっかり見据えるいい機会となりました。

流されることが別に悪いことではないですが、但し、流されている時にその流れが居心地がいいかどうか、それを見究める直感の大事さも感じる訳です。

これら全部、言葉で言うと、当たり前のことなんですけれどねぇ(笑)。

いつのまにか人間は、「余計な脂」、体脂肪ではなく、「心脂肪」がついてしまうのですね。

世の中では「体脂肪」のことばかり話題になりますが、私は、人間は年齢を重ねれば重ねるほど、「心脂肪」を減らすことが、とても重要だと思います。

偉そうに書きましたが、僕の心には脂肪が貼り付いています。

何歳になっても、心に付着した脂肪を取り除いたり、脂肪の付着を防止したりしながら、迷いながら、苦しみながら、暮らして行くことが大事なのだろうと思う次第です。

雑駁に言えば、「心脂肪を取り除く」には、内省や反省をし、その失敗を次に活かすことだろうと思います。「心脂肪の防止」は、恐らく、「欲望への自制心」だと思います。

多分・・・、う~ん、多分ですが、そういうことを繰り返して行けば、きっと次の何かに繋がるのだろうと思います。

2011年は、そんな当たり前のことを色々と模索しながら、過ごしていきたいと思います。
[PR]
by backtomysoul | 2011-01-04 11:21 | 生活
今日は、クリスマスイブ、です!

すべての人に対して平等に、時は刻まれます。

Wishing you a happy merry christmas !

God bless all of you !



笑っている人にも、Merry Christmas !
泣いている人にも、Merry Christmas !
怒っている人にも、Merry Christmas !
騙された人にも、Merry Christmas !
すべての人に、Ummm Merry Christmas !

孤独な人にも、Merry Christmas !
忙しい人にも、Merry Christmas !
仕事がない人にも、Merry Christmas !
別れた人にも、Merry Chrismas !
すべての人に、Ummm Merry Christmas !
[PR]
by backtomysoul | 2010-12-24 15:19 | 生活

久々に

昨日の午後、S氏との待合わせのため、久々に勤務していた会社のビルに行って来た。

自宅を出て、地下鉄に乗って、赤羽橋駅でで降車し、walkingしながら田町へ。以前と同じ通勤ルートである。

6ヶ月振りオフィスビル訪問だったので、少し懐かしかったけれど、それほど時間の経過も感じなかった。

オフィスには行かず、オフィスビルのロビーにある気持ちのいいソファに、10分ぐらい座っていた。ほとんど会社の連中の顔は見なかったが、ただひとりだけ偶然顔が合って、久しぶりの挨拶をしたぐらいだった。

S氏と時間どおり会え、外苑前のDENNY’Sで、食事をして、久しぶりに色々と語り合った。

その後色々あって、午後10時ぐらいまでちょっと音楽関係で一緒し、帰宅が午後11時頃。

体調不良も治り、美味しい食事に、楽しい語らいに楽しい時間を過ごすことができた。

淡々とした一日。これがいい。
[PR]
by backtomysoul | 2010-12-15 18:39 | 生活

少々疲れたわい

先月のバースディライブが終わったあたりからなんとなく体調の不良は感じていたのだが、やはり一昨日、ドカンとそのツケが来た。

朝起きたら、喉は痛いわ、声は出ないわ、頭痛はするわ、体がだるいわで、多分熱もあったのだろうと思うのだが、1年に一度あるかないかの寝込みをすることになった。

ほとんど薬を飲まないから、自宅にあったコルゲンコーワを飲んだらよく効いて、痛みはなくなり、寝るは寝るはで、頭の奥から出てくる眠気で、沢山睡眠をとった。

昨晩からようやく痛みも激減し、今朝は割りと楽になり、段々と復調してきたように思える。

病気というのは面白いなと感じるひとつは、体調を崩すまでの経過を分析してみると、いくつかその要因となる事象が散見できる。

例えば、ストレスだったり、そしてそのストレスに伴う喫煙や飲食だったり、睡眠時間の減少だったり、そのようなことが複合的に、確実に存在するということである。

病気というのは、「休みなさい」という重要な警告だから、当たり前のことだけれど、そういう時に無理をすると、必ず病は悪化する。

僕が調子が悪いなと感じるいくつかの兆候は次のとおりだ。

①体が冷たくなる。特に、背中が冷たくなる。

②時折、頭の側東部に刺すような痛みが瞬間的に発生する。

③喉が痰で絡む。

④体がなんとなく重く感じる。

⑤音楽が心地よく聴こえなくなる。

⑥前述に関連するが、ギターを弾いても心地よくない。

その他色々とあるけれども、そういう事象がチラホラと発生し、それが頻繁に起こると病に繋がって行く。

実は、12月9日音倉においても、音合わせ時から、サウンドがいい感じに聴こえず、多分病の兆候だったのだろうと思う。気持ちがイマイチなもんだから、日頃やらないお酒をライブの前に飲んだりしたことも、良くなかったと思う。

病は気からであるが、それはそれとして、やはり日常の暮らし振りにまだまだ甘さがあるのだろう。

少々疲れたワイ。
[PR]
by backtomysoul | 2010-12-12 21:59 | 生活

☆思うままに過ごす夜☆

mixiでも少し書いたが、急激な気温の低下、それから、生活サイクルの乱れ
などから、ここ暫く、僕の体調が安定していなかった。

先週は、ライブに行ったり、音倉でお手伝いしたりするなど、外出も頻繁だった
が、その間も寒気がしたり、足に力が入らなかったりで、熱が出なかっただけで
も幸いだった。

本日ぐらいから、ようやく体調も良くなってきたので、とにかくひと安心である。

今日は、ハローワークでの認定日ということで、久々に池袋に行ってきた。やはり
失業者の数は多く、僕はいつもハローワークに行くと複雑な気持ちになる。

僕がハローワークに行っていると伝えると、「私も失業手当をもらいたいなぁ」とか、
「失業手当をもらえるような身分になりたい」などと無責任なことを言う人がいる。

勿論もらえるに越したことはないのだが、失業手当をもらって生活するということ
は、精神的にも、感情的にも、当事者としては基本的には、居心地は良くないの
である。

失業手当てが永遠に出るということでもないし、金額だってそれほど大したことも
ない。期限のある受給期間、それから、」限度のある金額で生活をすることは、特
に働き盛りで、やる気があり、生活に追われている人たちにとっては、働く場所が
ないということは相当のストレスだろうと思う。

失業手当を受給されている人たちはみんな夫々、色々な事情を抱えているから、
何とも言えない部分もあるが、失業手当をもらっている人たちに無責任な言葉を
投げかけることは注意したほうがいいと思う。

こういうことって、当事者になってみないと分からないと思うけれど、ちょっとした
imaginationぐらいは持って欲しいと思う。

僕の場合は、現在の状況は、仕事を辞めてからの精神的なリハビリ期間でもあ
るし、自分が好きでやってる音楽活動などを冷静に内省する期間でもあるし、次
に何か見つけるモラトリアム期間でもあるし、これまでの僕と関わってきた人たち
との人間関係や繋がりを見直す期間でもあるし、圧倒的に自宅で過ごす時間を
楽しみ・悩みながら過ごす期間でもある。

最近しみじみと、河合隼雄の「こころの処方箋」を読んでるが、この本は読むたび
に、新しい発見があるから面白い。面白い本とは、読む人の心境や経験で、理解
の多様性がある本だと思う。それだけ、深いということだろうと思う。

ここんとこ、楽しく読んでいる本は、津本陽の作品である。

彼のエッセイ、「勝つ極意、生きる極意」、はとても深い。

宮本武蔵などの生き死にの真剣勝負をした人たちの口伝、言葉や、歴史人物の
プロフィールを抉りながら、彼らの極意を説明しているのである。

津本陽のエッセイを読みながら僕が面白いなと感じたことは、「執着心からの脱却」
それから、「物事を成すための勇気」のふたつが、生き抜くための要諦であるという
ことである。

今日は、帰宅途中、池袋のBOOK OFFに寄って、3冊買った。

一冊は、森繁久弥が90歳の折に話したことが書かれている「大遺言書」。

二冊目は、五木寛之の「遊行の門」(ゆぎょうのもん)。

三冊目は、津本陽のエッセイ、「人生に定年なし」。

どれもこれも、面白そうな本である。ゆっくり、じっくり、読むことにする。

さてさて、

僕は最近ようやく、ビジネスマンを辞めて、ビジネスの話が面白く思えるようになった。

明日の夜は、外資系企業のT社長さんと、仲良しのNECの常務さんやられたSさんと
の3人での会食である。どういう話題になるのか、面白い会食になりそうである。

色々と思うままに過ごす夜である(笑)。
[PR]
by backtomysoul | 2010-10-04 23:55 | 生活

☆今週、色々☆

ここ1ヵ月、昼夜、まったく逆転した生活となってしまい、アメリカ時間で生活している
ような感じだ(笑)。

今日こそはちゃんと生活のペースを戻そうとしたのだが、晩飯を食べたら眠くなり、
ウトウトと2時間ぐらい睡眠をとってしまい、また、この有様である・・・、トホホ。

さてさて、

10月9日のライブの準備も全然進んでいない状態で、数日前、田中章さんから電話
を頂いて、「10月2日にリハやるけれど、どんな感じ?」と言われて、僕は、「今回は
オールカバーを考えてます」とは言ったものの、その後、なんにも進んでおらず、や
ることと言ったら、いつもの発声練習したり、テレビ見ながら突然ハッと曲が浮かんで
ギターで奏でたり、やることと言えば、ライブとは余り関係ないことばかり。

オリジナル5曲ぐらいやって、今回はカバーを多めに10曲ぐらいかなとも思ったり、
さてさてどうしようかと・・・。

今週は、大沢さんとお会いして一緒に以前から約束をしていた落語を見にいったり、
音倉でのお手伝いをしたり、会食例会があったりで、章さんとの音合わせがあったり
で、少し忙しい。

しかし、それにしても、かつて朝起きて、会社に行って、仕事して、仕事の後、憂さ晴
らしして帰宅していた生活は、遠い昔のように思えてならない。

自分の人生の落としどころを探る日々である。

MonkeesのMickey Dolenzが、ガヤガヤBarで、僕の大好きな「I'm A Beliver」
を演奏して、お客さん大盛り上がりの映像である。ニューハーフもいるなぁ(笑)。

聴かせる音楽、見せる音楽等々色々あるが、やはり楽しい音楽がいいに決まっている(笑)。


[PR]
by backtomysoul | 2010-09-27 03:25 | 生活

☆友、遠方より来たる☆

9月12日、友人且つ弟分(ヤクザではありません、笑)のノンキー君が僕
の故郷の山口から東京に来た。2泊3日の出張とのこと。

2週間ぐらい前だっただろうか、ノンキー君から、「出張で東京に行くので
会いましょう」とのメールが来着した。

2月にやった不良中年ナイトブラザーズのきずな館ライブの実行委員長
をやってくれ、それから、「Kizuna」のCDを販売するにあたり、Nonky
Recordsというレコード会社まで立ち上げてくれた。

彼と会うのも、2月以来だから7ヶ月振りである。

午後4時過ぎに彼の宿泊している新宿のホテルに行き、暫くロビーで懇談
し、彼が音倉に行ってみたいと言っていたので、ふたりして電車で下北沢
に行き、いつもの沖縄料理店でお酒を酌み交わしながら、山口弁でしみじ
み色んなことを喋った。田舎の言葉はやっぱりいい。心が通じる。

b0192250_0161613.jpg


ふたりでセプコンを見てきた。僕は2日連続で観たことになる。

b0192250_017448.jpg


彼との付き合いは音楽を通して始まったが、まだ5年ぐらいしか時間が経
っていないのに、長~い付き合いのような気がしている。

山口で広告制作会社を経営し、仕事のかたわら、バンド活動をしたり、「音
の駅コンサート」という山口の市民参加のイベントの企画をしたりして、とて
もエネルギッシュに活動しているので、色んな問題や課題にぶつかり、清
濁飲みながら生きているので、彼の考えや言葉も深い。

今日はお酒も美味しかった。

b0192250_0173843.jpg

[PR]
by backtomysoul | 2010-09-13 00:17 | 生活

☆涼しくなりました!☆

今朝起床したら、結構激しい雨が降って驚いた。

朝から外出したが、最寄の駅までは自転車なので、結構雨に濡れてしまい、
そのまま地下鉄に乗車。

今朝は庄野真代さんと田中章さんと、表参道で待ち合わせ、某社で打合せ
を行った。某社の会長さんの熱い思いと志を、心して拝聴したが、庄野さん
のNPOと某社の公益法人とのコラボがうまく行くかもしれないので、繋ぎ役
の僕としては個人的にはいい感触を持った。

その後、昼飯を食べようということになり、下北沢に行き、「音倉」で美味しい
昼食を3人で食べた。

その後、庄野さんとは別れ、章さんと場所を変え、近くの喫茶店でしみじみ
あれこれ話をしながら、珈琲を飲んだ。暫く話をするチャンスもなかったので、
色々と話題があって、それぞれ深く話をした。

夕方、章さんと別れ、夕刻から用事があったのだが、都内では豪雨だという
ことから夕刻の用事はcancelし、僕はストレートに帰宅した。テレビをつける
と、関東甲信地方では記録的な大雨だ。

部屋の窓を開けると、涼しい風が入って来て、夏の終わりを感じた。

秋の匂いがする。

よく眠れそうだ。
[PR]
by backtomysoul | 2010-09-08 19:00 | 生活