暮らしの中で感じたもの、感じること、音楽のことなど色々と記録していきたいと思います。


by osamu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:落語( 3 )

☆笑福亭福笑☆

最近は暑さのため寝つきが悪く、ついつい夜遅くまで起きるような習慣が
ついてしまった。特に、8月下旬ぐらいから、そんな生活サイクルになって
いる。

時間潰しに、夜な夜なYouTubeで面白い映像がないかと、面白い映像
がないかと、あれこれ探してしまう。

YouTubeの映像も音楽以外にも色々あるが、落語の映像が沢山アップ
されているのには結構驚いた。

その落語の映像の中で、絶品映像を見つけた。

それは、「笑福亭福笑さん」のお腹がねじれるような新作落語である。

この師匠は、鶴瓶の兄弟子になるが、それほどテレビなんかには出てい
ないらしいが、色々調べてみると、やはり凄い実力者であるらしい。

映像を見れば分かるが、先日道楽亭で教えてもらったのだが、上方落語
では、見台(けんだい)と言う小さな机と小拍子(こびょうし)という拍子木を
使う。

この師匠のオリジナル演目、「葬儀屋さん」は絶品である。この演目に笑
えないという人があったら、相当な変わり者である(笑)。

作品も素晴しいが、この師匠の表情、しぐさ、喋り、間、すべてにはまって
しまう。

世の中には、落語のために生まれてきた人がいる。この師匠は、そういう
天性を持って生まれてきた人なのだろうと確信した。

先日、三遊亭遊雀師匠とお話をしたおり、「柳家小さん師匠からよく言われ
たのですが、落語の登場人物の喋りが、台詞になっては駄目だ。会話にな
らないと、人物が浮き出てこない」と師匠のお話を思い出す。

では、どうぞ!






[PR]
by backtomysoul | 2010-09-02 15:27 | 落語

☆新宿末廣亭☆

30日の夕方、先週道楽亭のオーナーの橋本さんから末廣亭の招待券を
頂いたので、独り歓び勇んで新宿末広亭に行ってきた。
b0192250_0212895.jpg

夜の部は午後5時からスタートで、午後9時に終演。

落語、漫才、曲芸まで幅広い16もの演目を堪能した。4時間という時間を
感じることもなく、楽しませてもらった。いやぁ~、本当に楽しい。

噺家さんを始め他の出演者の名前もほとんど知らないけれど、帰宅して、
末広亭に出演した名前をインターネットで検索したら、やっぱ凄い人たちな
んだと再認識。

舞台から二列目の席で、じっくり、噺家の芸の細かさを観察させてもら
った。
b0192250_022174.jpg

三遊亭歌笑、金原亭伯楽の噺の上手さと表情表現に感動し、それから、
何と言っても、トリで出演した柳家小満ん(やなぎやこまん)の知的で、
品格のある古典落語には圧倒された。

特に柳家小満んの噺には、出てくる人物の心理描写、庶民の温かくて、
お馬鹿な(笑)描写が面白すぎる。普通のことが可笑しい。僕らの生活の
中にある普通の出来事が、実はとても滑稽であることを気付かされるの
である。



落語には、人間の温かい思いやりと、日本人が持っている理屈を越えた
人間関係のDNAがある。フーテンの寅さんは、落語の世界であることが
とてもよく分かった。だから、僕らは寅さん映画の根底にある人情に感動
するのだろうと思う。

僕は落語については殆ど知識がないので、ここ数日段々と落語の業界を
インターネットで調べているが、落語の団体が4団体あるなど、少しながら
状況が分かり始めてきた。関東と上方落語の違いも面白い。

「落語」、確かにはまる(笑)。
[PR]
by backtomysoul | 2010-08-31 00:24 | 落語

☆Rakugo☆

田中章さんから連絡があり、落語を一緒に観に行きましょうということに
なり、昨晩ふたりで、7月にライブをさせて頂いた「道楽亭」に行ってきた。

三遊亭遊雀さん、春風亭鯉枝さんの落語ライブである。

生落語は初体験だったけれど、ひと言、「はまった!」(笑)。落語とはこん
なに面白く、深かったのかと、改めて、再認識した。

遊雀師匠の古典落語、鯉枝師匠の新作落語、それぞれ、素晴しかった
し、なんともお二人にガツーンとやられたという感じである。

b0192250_9461362.jpg

三遊亭遊雀師匠 at 「道楽亭」

テレビやラジオの落語と、ライブの落語は全然違う。噺家さんの表情や
テンポから生み出される臨場感が、なんとも絶妙である。

打上げ会にも参加させて頂き、色々とおふたりからお話を伺い、さらに
落語の深さというのを確認した。それから、「道楽亭」のオーナーの橋本
さんの落語に関するお話も、打上げ会席上お聞きし、益々僕は、落語に
関心を持った。

b0192250_7415547.jpg


落語の噺には、「愛がある」。

絶妙な「間」と、その巧みな話術、表情で表現する落語という芸には、「愛」
がある。「愛」がなければ、庶民の生活を表現できないし、僕らもそれを感じ
させてもらえないと、笑えない。

昨晩は、腹の底から笑ってしまった。凄い芸である、落語は!!!

遊雀師匠との打上げ会のお話を耳を傾けながら、昨晩はとてもいい勉強を
させて頂いた。この師匠は、凄い!深い!

ひと晩で、僕は師匠のファンになってしまった。

遊雀師匠のスケジュールです。

http://happy.ap.teacup.com/sho-camp/


[PR]
by backtomysoul | 2010-08-27 07:52 | 落語