暮らしの中で感じたもの、感じること、音楽のことなど色々と記録していきたいと思います。


by osamu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

1990年の話になりますが、

‎義理の兄(山下邦明氏)と一緒に翻訳した「東洋の呼び声」(はる書房)という本があります。その本は、スリランカのガンジーと呼ばれるA.Tアリヤラトネ博士が世界各国で講演された内容を、日本で初めて翻訳したものです。
b0192250_2285330.jpg

出版された1990年には、NHKが博士の1時間半の特集番組を放映したり、同時にAERAやその他多くの雑誌で取り上げられられたりしました。この本は現在も、大学等の教科書で使われたりするなどされており、ロングセラーになっているようです。

ところで、

来月、その博士が日本に来られ、基調講演をされます。ひとつは、僕が大好きな増上寺での基調講演。二つ目は義理の兄がコーディネーターしているシンポジウムの九州大学での基調講演です。

1.「震災と宗教を考えるシンポジウム2011」
   10月10日(月)
   増上寺
   http://www.nichiren.or.jp/information/other/20110912-559/

2.「ソーシャルビジネス研究センター開設記念シンポジウム」
   10月14日(金)
   九州大学
   http://gcl.kyushu-u.ac.jp/2011_10_14SBRCSymposium.html

この本の翻訳、出版に至るまでに義理の兄を通じて色んな方々にお会いできました。先日の紀伊半島の大雨で被害を被った御浜町の古川町長(当時はる書房の社長)、この本の出版の助成を頂いたトヨタ財団の方々、その他数え切れない人たち。それから、なんと言っても、この本の主役のアリヤラトネ博士との21年前の面会は今でも忘れられません。

10月10日、久々に博士のお話を拝聴しに、増上寺に行こうと思います。
[PR]
by backtomysoul | 2011-09-28 02:29 | 社会