暮らしの中で感じたもの、感じること、音楽のことなど色々と記録していきたいと思います。


by osamu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ライブが終わりました!

『不良中年ナイトブラザーズ』の2011年第2弾ライブが終わりました!

b0192250_182049100.jpg


沢山の方々にお越し頂き、会場も満席状態となりまして、バンドメンバー一同、気持ちを込めてライブをさせて頂きました。

b0192250_17461835.jpg


懐かしい友人・知人、初めてお会いする方々、いつもライブに足を運んで頂いている方々、皆様に感謝します。そして、先日小料理店で邂逅したご夫婦がお越し下さり、奥様からメンバーひとりひとりに一輪の赤いバラをプレゼントして頂き、嬉しいのひと言です。

ライブをする大きなメリットは、同窓会のような感じになったり、新しい出会いがあったりすることです。本当に人間交差点というのでしょうか、幸福なひと時です。

b0192250_17525559.jpg


ところで、

いつも僕はライブをする時に、これが最後のライブになるかもしれないなと感じながらやってます。この気持ちは、最初にライブを始めた頃から全然変わっていませんね。

やっぱり、ライブというのは一瞬の儚さという感覚がいつもあるからです。それから、予測できない病気や、家族の問題、経済的な問題などが発生した場合、やむを得ず今享受している活動や精神状態を保持できるかどうか分からないからです。

こうして考えると、私達はガラス細工のような状況の中で暮らしているようなものです。

何が起きるか分からない。

まぁ、そんなことをいつも僕は意識しながら、毎日暮らし、音楽活動をやっています。

時折、何のためにこんなことをしているのか分からなくなる時がありますが、きっと、とにかく出来るところまでやり続けるという気持ちなんだろうと思います。

さてさて、

昨晩のライブは会場満席の中で、気合いを入れたり、抜いたりしながら、演奏させてもらいました。

今回のライブでは、茂さんの愛犬(「マメちゃん」)が先月中旬亡くなったので、僕が亡くなった愛犬(「ハナちゃん」)のために創った「あの場所で」を心を込めて歌いました。歌いながら、この愛すべき2匹のワンちゃんの姿が浮かんできて、サビの部分では気持ちを抑えるのが大変でした。



それから、今回のライブでは、久々に「夕暮れ空の下で」をちょっと構成を変えたversionで初演奏しました。こうして、昔創った自分の作品を、スタイルを変えて演奏するというのもとても面白いなと感じました。



そして、今年1月に創った作品、「オリオン」を今年2度目の演奏をしました。自分が創った作品の中で、この作品は今後の僕の作品のturning pointになるような作品ではないかと密かに感じています。



ライブにお越しいただいた皆様、重ね重ね、「ありがとうございます!」。

以下、セットリストです。

【1st Stage】
 ①それでもいいんだ
 ②Back To My Soul
 ③君と手をつなごう
④独りぼっちで
 ⑤Kizuna
⑥あの場所で
 ⑦夕暮れ空の下で

【2nd Stage】
 ①三角の月
 ②You Ain't Goin' Nowhere
 ③セントルイスに帰りたくない
④このリズムで
 ⑤STAR
 ⑥君に逢えたら
 ⑦毎日、今日の風に吹かれてる*

【En Core】
 ①オリオン
 ②僕らの時間
[PR]
by backtomysoul | 2011-03-10 17:53 | ライブ