暮らしの中で感じたもの、感じること、音楽のことなど色々と記録していきたいと思います。


by osamu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

☆Rakugo☆

田中章さんから連絡があり、落語を一緒に観に行きましょうということに
なり、昨晩ふたりで、7月にライブをさせて頂いた「道楽亭」に行ってきた。

三遊亭遊雀さん、春風亭鯉枝さんの落語ライブである。

生落語は初体験だったけれど、ひと言、「はまった!」(笑)。落語とはこん
なに面白く、深かったのかと、改めて、再認識した。

遊雀師匠の古典落語、鯉枝師匠の新作落語、それぞれ、素晴しかった
し、なんともお二人にガツーンとやられたという感じである。

b0192250_9461362.jpg

三遊亭遊雀師匠 at 「道楽亭」

テレビやラジオの落語と、ライブの落語は全然違う。噺家さんの表情や
テンポから生み出される臨場感が、なんとも絶妙である。

打上げ会にも参加させて頂き、色々とおふたりからお話を伺い、さらに
落語の深さというのを確認した。それから、「道楽亭」のオーナーの橋本
さんの落語に関するお話も、打上げ会席上お聞きし、益々僕は、落語に
関心を持った。

b0192250_7415547.jpg


落語の噺には、「愛がある」。

絶妙な「間」と、その巧みな話術、表情で表現する落語という芸には、「愛」
がある。「愛」がなければ、庶民の生活を表現できないし、僕らもそれを感じ
させてもらえないと、笑えない。

昨晩は、腹の底から笑ってしまった。凄い芸である、落語は!!!

遊雀師匠との打上げ会のお話を耳を傾けながら、昨晩はとてもいい勉強を
させて頂いた。この師匠は、凄い!深い!

ひと晩で、僕は師匠のファンになってしまった。

遊雀師匠のスケジュールです。

http://happy.ap.teacup.com/sho-camp/


[PR]
by backtomysoul | 2010-08-27 07:52 | 落語